ケン@宅建士ブロガー

2018年に宅建合格!主に宅建と不動産の知識について発信していきます!

【宅建試験対策】35条書面、37条書面の問題の解き方について

f:id:kenkunkun:20190821174718j:plain

どうもー!

 

宅建士のケンです( `ー´)ノ

 

35条書面と37条書面がごっちゃになって問題解いている際にケアレスミスして悩まれている方がいるかと思います。 

 

今回は私の宅建業法の35条書面と37条書面の問題の解き方についてお話していきます!

 

結果からお伝えすると、どちらかだけ暗記すればしっかり区別出来て解けるようになります。

 

35条書面と37条書面どちらを覚えるべきか

 

私は37条書面を覚えることをオススメ致します。

なぜなら、暗記項目が少ないからです!

 

ちなみに各書類について簡単にご説明いたします。

 

35条書面(重要事項説明書)

重要事項説明は【契約をして良いかの判断材料】です。

 

37条書面(契約書)

契約書はトラブル防止の書類となっております。

 

暗記する時の考え方

もし自分が37条書面(契約書)をもらう立場になって覚えるようにすると暗記しやすくなります。

 

37条の必要事項は下記の通りです。

 

当事者の氏名、住所

⇒契約書には売主(貸主)と買主(借主)のような各当事者の氏名、住所の記載が必要ですよね。

どんな人から買った(借りる)のか、どんな人に売った(貸す)のか必要になりますよね。

 

物件特定に必要な情報

⇒買う、借りる物件についての情報も必要ですよね。

 

代金額、支払時期、方法

⇒これも必ず必要ですよね(^^)

 

物件の引き渡し時期

⇒いつから住むことができるのかも必要事項ですよね。

 

所有者の移転登記の時期

⇒これは売買のみです!賃貸は登記しないので!これも必要ですよね。

 

また、任意的記載事項は【~定め】であれば、記載する必要があるとだけ覚えていれば大丈夫です。

 

上記の情報だけ暗記していれば、35条書面と37条書面が混合しなくなるかと思います!

 

まとめ

・37条書面(契約書)だけ暗記する!

・自分が契約書を貰う立場になると暗記がしやすい!

・~定めと書いてあれば、記載する必要!