ケン@宅建士ブロガー

2018年に宅建合格!主に宅建と不動産の知識について発信していきます!

【賃貸物件探しの方必見】家賃交渉は管理会社に行け!

f:id:kenkunkun:20190728165548j:plain


どうもー!

 

宅建士のケンです(^o^)丿

 

賃貸の物件探しされている方は結構悩まれることが多いです。

 

特に家賃についてです!

 

毎月のランニングコストの中でも家賃は大半を占めております。

 

その家賃は少しでも安い方が良いですよね!

 

今回は家賃交渉について、元賃貸営業マンの私がお教えいたします。

 

結果からお伝えいたします。

 

管理会社に直接家賃交渉をする事!

 

これが一番交渉がしやすいです。

家賃交渉だけでなく、初期費用についても交渉しやすくなります。

 

では、なぜ管理会社だと交渉ができるのか?

管理会社というのは、賃貸物件を持っているオーナー様から管理を任されており、入居後のトラブル対応や退去の手配などをすることでオーナー様から管理料を受領している会社です。

 

つまり、オーナー様と一番関係が深いのは管理会社であり、交渉もしやすいのも管理会社です。

 

仲介会社の営業マンはそもそもオーナー様とはお会いすることができないので、交渉も管理会社通して行います。

 

空室期間が長く、困っていれば交渉には応じてくれるかと思いますが、オーナー様もなかなか家賃を下げてくれません。

 

実はそれにも理由があります。

 

なぜ、オーナー様は家賃を下げたくないのか?

純粋にオーナー様の収入が減るという事が一番の原因です。

賃貸物件は年数が経過すると建物の価値が下がります。

その為、家賃収入はもらえる時にもらうという考え方になります。

また、一度1部屋だけ家賃を下げてしまったら、他のお部屋が退去し、再度募集をする時にはそのお部屋も家賃を下げざるを得なくなってしまいます。

 

そのようにどんどん家賃を下げてしまったら、赤字になってしまいます。

 

不労所得として、大家業を始めたのにも関わらず、赤字になって1億クラスの借金を返済していくのは、嫌ですよね。

 

よって、オーナー様は家賃交渉に応じたくないんです!

 

しかし、家賃交渉しなければ、決まらないという事もあり、少しなら良いよと言うオーナー様もいらっしゃいます。

 

話を戻しますが、交渉に関してはオーナー様に一番近い管理会社に直接交渉をした方が良い結果になります。

 

しかし、管理会社がどこなのか分からないケースが多いです。

 

仲介会社に聞いても教えてくれない事が多いです。

 

もし気になった物件があれば、実際に現地に行ってみましょう!

 

現地に行くと管理会社の募集看板がついていることが多く、また、集合ポストやエントランスに管理会社の連絡先が書いてあることがあります。

 

そこで一度確認してみたら良いかと思います。

 

まとめ

気になる物件があれば、実際に現地に行ってみて、管理会社を調べて、管理会社にお問い合わせをしましょう!

そして、交渉に関しては管理会社に直接行えば、できる確率が上がります!

※必ずできるとは限りませんが、やってみる価値はあります!

 

少しでもお得に物件探しをしていきましょう!

 

最後までお読み頂き有難うございました。