ケン@宅建士ブロガー

2018年に宅建合格!主に宅建と不動産の知識について発信していきます!

【賃貸物件交渉】できるだけお得にお引越しをしよう!仲介手数料の交渉術

f:id:kenkunkun:20190707173405j:plain


どうもー!

 

交渉が得意なケンです(^o^)丿

 

お見積りで初期費用の明細を確認すると、仲介手数料を交渉できないかと思う方が多くいらっしゃるかと思います。

 

その為、今回は仲介手数料の交渉についての記事を書きました。

 

結論から言うと、

交渉ができることの方が多いです。

 

下記の内容についてお話します。

 

・そもそも仲介手数料とは?

・交渉の仕方

 

そもそも仲介手数料とは?

賃貸営業マンの報酬です!

 

お部屋をお探しのお客様と入居者を探しいるオーナー様の仲介をすることでもらえる報酬です。

 

仲介手数料は1契約で1か月分までしか受領ができません。

 

交渉の仕方

それでは、交渉の仕方についてです。

まず、不動産屋さんはどこでも良いので、お気に入りの賃貸物件を見つけましょう!

そして、営業マンと仲良くなる事も大切です。

 

お気に入りの物件を見つけても即決はせずに『初期費用を確認したい』したいと言い、お見積りを貰いましょう!

 

その時に、『仲介手数料はもう少し安くならないですか?』と交渉してみましょう!

 

初めはできませんと言われます。

 

次に『一旦、持ち帰らせてください』とお伝えしましょう!

 

帰ろうとすると、賃貸営業マンは(ここまでして他社で決められたくない)と思い、上席に確認をし、交渉ができるようになる可能性が高いです。

 

もし、交渉ができない場合、他社に電話でご連絡をし『気に入っている物件がありますが、対応してくれた会社は良い対応してくれなかったので、お電話しました』と言い、他社に行くことをおすすめします。

 

中には仲介手数料が50%の会社もありますので、その会社に行ってみても良いかもしれません。

 

まとめ

・仲介手数料は仲介会社の報酬。

・仲介手数料を交渉をするには、まず物件を決めて、営業マンと仲良くなってから、交渉をする事。

※できない場合は他の会社で交渉しましょう!

 

下記の記事も併せてお読みください。

 

www.hudousanjouhou.work

 

 

www.hudousanjouhou.work

 

 

www.hudousanjouhou.work

 

 

最後までお読み頂き有難うございました。

 

後悔の無いよう楽しくお部屋探しをしましょう!