ケン@宅建士ブロガー

2018年に宅建合格!主に宅建と不動産の知識について発信していきます!

【意外と忘れちゃう!?】賃貸解約の注意点

f:id:kenkunkun:20190707173400j:plain


どうもー!

 

解約の受付が少し苦手なケンです(^^)

 

今回は賃貸解約の注意点をお話しします!

 

結婚により同棲を始める。

子供が生まれる。

子供が独立した。

 

様々な理由でお引越しする方がいらっしゃるかと思います。

 

今お住まいが賃貸の場合は新居に向けて手続きをしなくてはいけません。

 

それは、解約の手続きです。

実際に私が引越しをする為に解約をしようと思ったところ、何から始めたらいいのかよく分からなかったです。

また、お金はかかるのか?

 

当時、そのように悩んでいたので、同じお悩みの方に向けて今回記事にしました。

 

それでは、早速、解約手続きの注意点をお伝えします!

 

注意点とはいっても、賃貸のご契約時に重要事項説明で説明をしている内容です。

 

注意点は下記の4点です。

①解約期間

②解約通知の方法

③解約違約金

④リフォーム等の費用

 

①解約期間

賃貸の解約のほとんどが1ヶ月前までに解約する旨を伝えなければなりません。

※解約が2ヶ月前までに伝えなければいけない物件もございます。しっかりと契約書を確認してください。

 

つまり、4/1に解約したい方は3/1までに解約手続きをしなければなりません!

 

また、現在の契約が3/31までにも関わらず、解約手続きを3/1にした場合、4/1解約になり、3/31を過ぎてしまう!

すると、契約期間が1日でも過ぎてしまうので、更新料が掛かってしまいます!

 

引越しをするための解約なのに、無駄に更新料を支払うのは避けたいですよねー( ̄◇ ̄;)

 

もし、解約手続きが遅くなってしまい、契約日を過ぎてしまった場合でも、管理会社に一度ご自身で『更新料を払いたくない』と言ってみても良いかもしれません(^^)

 

1日でも過ぎた場合は更新料を支払う旨は、重要事項説明でもお話しているので、基本的には難しいかと思いますが、言ってみる価値はありますね(^◇^)

 

また、当時物件を探してくれた営業マンに交渉してもらおうとしても、対応してもらえないことの方が多いです。

契約は貸主(管理会社)と借主(契約者)の契約になっている為です。 

 

今回を機に今お住まいの契約期間を確認して解約するにはいつまでに手続きしなければいけないかご確認してみてください。

 

②解約通知方法

管理会社によって変わってきますが、基本的には、契約書に付いている解約通知書を送ったら手続き完了となります!

 

ここで気をつけなければならないのが、解約通知書の提出先が管理会社であること!

 

お部屋探しを一緒にしてくれた営業マンの会社ではないということです。

 

管理会社はどこなのかについては契約書類をご確認下さい。

 

また、敷地内に管理会社の看板がついてあることもあるので、そこに連絡しても良いです。

 

※基本的には、管理会社から契約期間の満期が近づいてきたら『更新しますか?しませんか?』と連絡がきますので、その時確認しても良いかもしれません。

 

③解約違約金

解約違約金についてですが、

重要事項説明書に必ず記載されているので、今一度ご確認ください。

 

1年未満での解約の場合、家賃1ヶ月を違約金としてお支払いするというものです。

 

キャンペーン物件の場合、フリーレント(タダで貸すこと)期間分違約金としてお支払いする場合もあります。

 

④リフォーム等の費用

解約時に気になるのが、退去後の費用についてですよね?

 

敷金やクリーニング費用を契約時に契約金としてお支払いしている人は退去時にお金がかからない事が多いです。

 

しかし、敷金・礼金0の物件の場合は注意しなくてはいけません。

 

敷金もクリーニング費用も契約時に契約金としてお支払いをしていないと退去後に精算になる可能性が高いです。

 

リフォーム等の費用は畳の表替えやクリーニング費用などが掛かります。

 

退去時に敷金分くらいお金がかかる可能性がありますので、ご注意下さい。

 

まとめ

 

・解約は1ヶ月前までには手続きしなければいけない。

→万が一、契約期間中に解約できなければ、更新料がかかる。

 

・解約通知は管理会社で手続きをする。

→管理会社を確認する場合は契約書や敷地内の看板などを見る。

 

・1年も住んでいない場合は解約違約金がかかる可能性がある。

 

・退去時に敷金分くらいリフォーム費用としてお金がかかる可能性がある。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

今回を機に今一度、契約書を確認しても良いかもしれません。

 

ご質問があれば、コメントお願い致します(^^)