ケン@宅建士ブロガー

2018年に宅建合格!主に宅建と不動産の知識について発信していきます!

【意外と知られていない!?】都市ガスとプロパンガスの違い

f:id:kenkunkun:20190707173749j:plain


どうもー!

 

元不動産賃貸の営業マンのケンです('◇')ゞ

 

今回は都市ガスとプロパンガスの違いについて

お話し致します。

 

私が賃貸物件をご紹介する時は必ず、都市ガスとプロパンガスの違いを説明しますが、その時『初めて知った~』と言う方が多い為、記事にしました。

結論からお伝えしますと、

 

プロパンガスより都市ガスの方が安い!

 

『なぜ?ガスなんてどれも料金は一緒なんじゃないの?』と思いますよね?

しかし、意外と料金に差があるんですよー!

 

簡単に説明すると、

 

【都市ガス】

東京ガス等から供給されているガスの事。

地中に埋まっている配管からガスを送っている。

地中に埋まっている為、劣化がしづらく、メンテナンスをする頻度が少なくて済む。

 

プロパンガス

ガスボンベから供給しているガスの事。

 

プロパンガス業者がガスボンベを建物の周辺に置き、ガスボンベを定期的に取り替えたり、定期点検をする為、メンテナンスの頻度が多くなります。

 

その為、プロパンガスは都市ガスと比べ、メンテナンスなどで人手が必要になり、人件費が掛かります!

 

よって、プロパンガスは都市ガスより高くなります。

 

では、いくらくらい変わってくるのか?

 

ズバリ!

プロパンガスは都市ガスの約2倍の料金です!

 

プロパンガス会社によって、料金の差はありますが、約2倍のガス料金になります。

 

私の経験上は下記の料金くらいでした。

都市ガス  :3,000~5,000円程度

プロパンガス:5,000~10,000円程度

 

ガス料金は夏は安く、冬が高くなります。

その為、上記のような料金幅になりました。

 

ちなみに私はガスは下記のような時に使用してます。

 

浴室:朝、シャワーを浴び、夜、毎日お風呂に入る。

キッチン:冬に洗い物する時にお湯を出す。

 

料理が趣味で良くガスコンロをお使いになる方はもう少しガス料金が上がる可能性があります。

 

都市ガスの方が安いからガスの性能が低いとかそのようなことはありません。プロパンガスも都市ガスも住む上では何も問題ございません。

 

プロパンガスの物件オーナーの方は都市ガスの方が安いことを知っている為、家賃が相場より少し安くなっていることもあります。

 

プロパンガスだから、その物件はダメなんだということでもありません。

 

賃貸物件のほとんどはプロパンガスです。

 

もし、都市ガスのみで物件を探すとなると物件数が大幅に少なくなります。

 

結局、家賃が高くて、築年数が古い物件に住むのであれば、家賃が少し抑えめで築の新しい物件の方が良いかと思います!

 

ちなみに、私は今プロパンガスの物件ですが、家賃が相場より安い物件に住んでいます。

 

家賃相場が10万前後にも関わらず、8万と約2万円くらい安い物件です!

 

初めは都市ガスで探してましたが、『9万以内、都市ガス、駅徒歩10分以内』という条件を満たしている物件が見つからなかったので、都市ガスの条件を抜いたら、今の物件を見つけることができました!

 

出来るだけ毎月のランニングコストを抑えたかったので、ガスコンロを使用せず、IHコンロを使ってます。

 

そうすることによって、ガスはお風呂の時とキッチンのお湯を出す時でしか使っていません。

 

そういった少し工夫をして、生活してます。

 

相場よりも安い物件の為、とても満足してます。

 

余談になりますが、都市ガスとプロパンガスは料金以外にどんな違いがあるのか、お伝えします。

主に下記の2つです。

 

・ガスの比重

・復旧速度

 

【ガスの比重】

比重とは空気と比べて重いか、軽いかという事です。

都市ガスは空気よりも軽く、上に拡散します。その為、窓を開ければ外に逃すことができます。

プロパンガスは空気よりも重く、下に留まります。その為、プロパンガスは箒で履くように換気する必要があります。

 

【復旧速度】

大きな災害があった場合、都市ガスはガス管で複数の家庭のガスを供給している為、検査に時間がかかり、その結果、復旧に時間がかかります。

しかし、プロパンガスは建物毎にガスボンベを設置している為、その建物ガスボンベを検査ができれば、すぐにでも復旧できます。

 

『豆知識』

・プロパンガスの方が火力が大きいと聞きますが、そのような事はありません。

火力はガス機器によって違います。

プロパンガスが大きいのは火力ではなく熱量です。

 

・物件資料でガスの項目が『無し』という物件もあります。

それは、オール電化です。

全て電気で賄う為、ガス料金は一切掛かりません。

 

まとめ

都市ガスの方がプロパンガスに比べ、

人件費が掛からない為、料金が約2倍安い!

差額が2,000円〜5,000円程度変わってくる。

プロパンガスだからこそ、

相場よりも安い物件があったりする!

 

色んな意見を聞きたいので

コメントお待ちしております(^o^)丿