ケン@宅建士ブロガー

2018年に宅建合格!主に宅建と不動産の知識について発信していきます!

【不動産賃貸営業に転職をお考えの方必見】賃貸営業のお給料とお仕事内容について

f:id:kenkunkun:20190707173749j:plain


どうもー!

 

転職経験者のケンです(^^)

 

転職先をご検討されている方は『不動産営業給料が高いというし、実際はどうなんだろ?仕事内容はどんな感じなのかな?』と思う方がいるかなと思い、記事にしました。

 

今回は不動産の賃貸営業のお給料とお仕事内容をお伝えします。

 

実は私自身、元々工業高校の電気科だったので、はじめの就職は何も考えずに電気工事の仕事をしておりました。

 

社会人になりたての頃は電気以外にも、社会人はどうあるべきかなど色々と勉強になり、楽しく生活しておりました。

 

しかし、何ヶ月か生活する上で、金銭面的に不安がありました。

 

給料の手取りが15万円前後でそこから生活費を引くと意外と手元にお金が残らず、毎月ボーナスまで切り詰めるという生活になっておりました。

 

次のボーナスが来るまで食費を抑え、好きなものも買うのを我慢する。

そんな生活をしておりました。

 

さすがに嫌気がさし、私は転職することを決断しました。

 

今では本当に良い決断だったと思います。

 

どんな仕事をしようかと凄く悩みましたが、不動産はお金が儲かるというイメージがあったので、どんなものなのか気になり始めました。

 

しかし、求人を見ても仕事内容があまりイメージができなくて凄く悩みました。

ここでしっかりご説明をし、ご参考にして頂ければと思います。 

 

↑私の話が長くなりました笑

下記から賃貸の給料と仕事内容についてお話します。

 

まずは、賃貸の不動産営業の給料についてお話していきます。

 

基本給が月23万~25万円くらいです。

 

そこから、様々な手当が付きます。

 

その中でも一番大きい手当は『宅建手当』です。

 

多いところだと月3万円です。

 

宅建士だけで月の給料が26~28万円くらいまでいきます!

 

転職してここまで貰えるのはなかなか珍しいかと思います。

 

宅建試験は確かに難しいですが、しっかり勉強していけば取れない資格ではないです。

 

※宅建に関する記事はこちらをご覧ください。

 

www.hudousanjouhou.work

 

 

www.hudousanjouhou.work

 

不動産営業はボーナスが歩合制になっているところが多いです。

しかし、少なくとも1回のボーナスで1か月分は貰える可能性が高いのです。

 

トータルで14か月分もらえるとしても、年収は

 

26万円×14か月=364万円

 

です。

 

他にも手当があれば恐らく、年収400万円くらいにいくかもしれないですね。

 

また、スタートがそこなだけで昇給さえしてしまえばさらに年収は上がります。

 

これは、なかなかもらっている方かと思います。

 

給料については以上です。

 

ここで気になるのが仕事の内容についてですよね。

 

自分にできそうにない仕事であれば意味ありませんもんね!

 

仕事の内容よりもまず、どのような目的で仕事をしているのかご説明します。

 

賃貸営業マンの仕事目的は

【お部屋探ししている人にお部屋を契約し、報酬を受け取ること】

です。

 

その為にどのような仕事をしているのかをお伝えしていきます。

 

仕事内容

主に4つの事を業務時間中に行います。

①物件の写真撮影

②接客

③契約手続き

④オーナー様への訪問

です。

 

①物件の写真撮影とは

お客さんが部屋探しする時、活用するネット媒体(スーモなど)に掲載する写真撮影のことです。

 

主に平日に行い、10件前後の物件写真の撮影をします!

 

物件の外観やバス、トイレ、キッチン、居室、収納、玄関、ベランダなど。

 

1物件に約20枚程の写真を撮ります。

つまり、1日200枚の写真を撮影します。

 

写真の撮り方は【広く】や【明るく】見えるようにを意識して撮影していきます。

 

その為、写真撮影は半日以上かかることが多いです。

 

その後、写真登録もあるので、実質1日かかることが多いです。

 

それだけでお金が貰えるなら楽といえば楽ですね(^^)

 

②接客とは

お問い合わせ頂いたお客さんに物件を紹介する事です。

 

どんな部屋に住みたいか条件を聞き、そのお客さんに最適なお部屋を紹介、ご案内をし、お申込みまで対応します。

 

ここで1番大変なのが【ヒアリング】です。

 

営業マンはお客様から情報を頂き、それを元にオススメ物件をご紹介します。

 

しかし、あまり個人情報を言いたくない人もいます。

 

そのような人達には、どのようにして情報を聞き出すかが難しいところです。

 

それも楽しいんですけどね(^^)

 

③契約手続きとは

お申込みをしたお客さんに契約手続きをする事です。

 

お客様には、宅建取引士から重要事項説明を受けてもらい、契約内容をご納得してもらった上で契約書にサインをしてもらうという仕事です。

 

契約の手続きは意外と簡単ですぐに慣れます。 

 

ここで大変なのが、【日程調整】です。

 

お客様となかなか連絡がつかなかったり、日程調整が出来ないと契約が間に合わなくなり、トラブルになる可能性があります。

 

その点は事前に先を読んで行動することが大切になります。

 

④オーナー様への訪問とは

 

オーナー様のお悩みを解決する仕事です。

 

例えば、『空室で困っている』というのであれば、もっと家賃を下げた方が良いや内装をオシャレに工事する事で入居されやすい物件にするなどご提案をし、オーナー様のお悩みを解決する仕事です。

 

他にも他社物件のオーナー様に会いにいき、『弊社でも紹介してもらってもいいですかー?』と言った営業もあります。

 

ネットに載ってるほとんどの物件はどの仲介会社でも紹介ができます。

【不動産専用サイト】がどこの会社にもあり、そこにほぼ掲載されております。

 

そのままでも、他社物件の紹介はできます。

 

では、何故わざわざオーナー様にそのような事を聞きに行くかというと、報酬を上げる為です。

 

他社物件だとお金の流れが下記のようになります。

 

オーナー様→他社→紹介した仲介会社

 

この場合は仲介会社が決めても、他社に手数料が取られてしまいます。

 

もし、これが自社の場合、

 

オーナー様→自社

 

となり、オーナー様からゴッソリ手数料が頂くことが出来ます!

 

手数料の為にオーナー様に訪問し、直接紹介してもらえるようにする事もあります。

 

今回は簡単に記載しましたが、

大まかな仕事内容としてはこんな感じです。

 

正直なところ、不動産賃貸の営業はとても楽しいです!

 

私は結構おすすめのお仕事です!